安全性を第一にしてクレーン付きトラック選びを行う

中古のクレーン付きトラックはエンジンチェックが肝心!

中古トラックは、購入費用や納期が短縮されるなどのメリットがあります。特にクレーン付きトラックの場合、荷台にクレーンを設置する期間も短縮され、急な事業拡大や車両の追加に迫られた場合には助かります。しかし、クレーン付きトラックを購入することは、通常の中古トラック購入よりもチェック箇所が増えます。
そもそも、クレーン付きトラックは重量物の吊り下げを行う目的があり、作業時には安全性の確保が重要になります。特にクレーンの動力については、エンジンと連動しており、エンジン自体の状態が性能や安全性にも直結します。そのため、専門業者で現物確認を行う際は、エンジンのアイドリング状態や空ぶかし、クレーンの昇降作業を時間をかけてチェックすることがポイントになります。トラックに燃料が給油されず、現地確認ができないものについては改めて確認を依頼するなど慎重さも重要です。
もし、現地確認や長時間のアイドリング状態の確認ができないといった専門業者については購入を避けることも重要です。また、納車前に自社整備工場で最終メンテナンスを行える専門業者を選ぶこともおすすめになります。特に購入後の付帯設備のメンテナンスは、購入者責任とならないようにしましょう。

クレーン付きトラックの購入はクレーンの整備点検簿は要チェック

クレーン付きトラックを中古で購入するメリットは、新車に比べ車体費用やクレーン購入費用、構造変更や納期までの期間が短い点です。インターネットで検索すると多く専門業者がクレーン付きトラックを安く販売しています。
しかし、クレーンは安全性が問われるものであり、安さや見た目の外観から判断することには注意が必要です。重量物を吊り下げるため人身事故のリスクを伴うので安全性を担保できるかどうかが問われます。ここで重要視する点として、トラック本体だけでなくクレーン自体の修理点検簿の有無、記載事項を隅々までチェックすることです。使用頻度が少なくても、製造から年数が経過し部品交換履歴が確認できないものについては購入後に部品交換が発生する可能性があります。
例え修理点検簿に部品交換の記録が多く記載されている場合でも、クレーン自体が古い、老朽化している、故障し易いというモノではなく、適切な修理対応とメンテナンスは実施されているということになります。もし、修理点検簿自体が確認できないといったクレーン付きトラックは価格が安いからといって飛びつかないことが重要になります。また、可能であれば納車前に消耗部品の交換、細かいメンテナンスを受けられる専門業者も選択するのもおすすめです。

contents

業者から購入するメリットを把握しておく

クレーン付きトラックの中古購入のメリットやデメリット 建築現場や工事現場での作業の際クレーン付きトラックを使用します。しかし何らかの不都合やトラブルにより買い替える機会がないとは…

中古トラックだからこそ購入の際は整備士によるチェックが重要

ネットで検索しても見つからない!そんな時は専門業者に相談を 今ではインターネットを利用して中古の商業用トラックを見つけることが可能です。中古トラックの専門業者の多くが、インターネ…

メンテナンスが行われているかや行えるかも大事

中古のクレーン付きトラックを購入は購入先が修理整備可能か重要 クレーン付きトラックは、物流業や建設業において大きな力を発揮します。さらに安全性や緊急性を要する業務においても重要視…

安全性を第一にしてクレーン付きトラック選びを行う

中古のクレーン付きトラックはエンジンチェックが肝心! 中古トラックは、購入費用や納期が短縮されるなどのメリットがあります。特にクレーン付きトラックの場合、荷台にクレーンを設置する…

what's new

2018/05/17
業者から購入するメリットを把握しておく
2018/05/17
メンテナンスが行われているかや行えるかも大事
2018/05/17
安全性を第一にしてクレーン付きトラック選びを行う
2018/05/17
中古トラックだからこそ購入の際は整備士によるチェックが重要
TOP